うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

顎関節症の治療で整体に行っても治りません:治らない理由を説明します

   

整体

顎関節症の原因を整体で治すことはできない

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

世間はゴールデンウイーク真っただ中ですね!

そんな中、僕はコツコツとブログを更新してまいります(笑)。

さて、本日は「顎関節症と整体の関係」についてお話します。

顎関節症を患って、整体に行く人は多いようです。

かくいう僕も、それはそれは色んな(有名といわれる)整体に通いました。

しかし、結論から言うと、”顎関節症を整体で治すことはできません”。

なぜなのか?

そのあたりをお伝えできればと思います。

本日もよろしくお願い致します。

そもそも顎関節症とは?

はてな2

そもそも顎関節症とはどんな病気なのでしょうか?

顎関節症は一言でいうと、顎周りの筋肉と関節の病気です。

次の症状がよく出ます。

・顎が痛い・顎からコキコキという雑音が鳴る

・口を大きく開けられない・肩や首が凝る

こういった症状があると、顎関節症であると判断されます。

また、不随して次のような症状を訴える人もいます。

・汗が止まらない・やる気が出ない

・心臓がドクドクする・全身がだるい

・光がまぶしく感じる

こういった自律神経失調症や不定愁訴まで顎関節症の症状とすることはできません。
自律神経失調症は「症状」であって「病名」ではない。~真の原因は何か~

こういった症状が強く出ている場合は、うつ病などが疑われます。
うつ病と顎関節症はなぜ間違いやすいのか~うつが「原因」で顎関節症は「結果」~

顎関節症の治療で整体に行っても治らない理由

112282

その理由は、顎関節症の原因を整体で治すことはできないからです。

足を骨折して足を冷やしても治らないのと同じです。

足を冷やすのは応急処置であって、原因を取り除くにはギプスをして安静にすることが必要です。

では顎関節症の原因はなんでしょうか?

それはTCH(歯列接触癖)です。
(TCHについては、TCH(歯列接触癖)とは?:顎関節症の最大の原因が発見された!をご覧ください)

昼間集中している時や寝ている時に、歯と歯をくっつけてしまう癖が顎関節症の最大の原因であることが分かりました。

ですので、その原因を取り除く治療をしないといけないということです。

そもそも顎関節症という病気は、一生涯で2人に1人は経験するありふれた病気です。

女性に多く、知り合いの女性に尋ねてみると、一度は顎関節症の経験があるものです。

そして、顎関節症は知らない間に治ってしまう病気でもあります。

本来、顎関節症はこわい病気ではないということです。
『顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本』(木野孔司):目からウロコ!これで顎関節症&かみ合わせの悩みとおさらばできます!

顎関節症の治療法

3d2a444234374accfef73f2485890ff9_s

顎関節症は自然に治っていく病気であることをお伝えしました。

しかし、中にはなかなか治らなくてツライ思いをされている方もいらっしゃいます。

そんな方のために、治療法を紹介させていただきます。

治療法:TCH是正訓練治療

TCH是正訓練治療は、TCH是正治療~顎関節症の治療方法!これで僕は治りました~をご覧ください。

簡単にいうと、顎関節症の最大の原因であるTCHをなくす治療です。

マウスピースは使いません。
顎関節症にマウスピースを使ってはいけない!:4つの理由と正しい治療法

下の記事を参考に、ご自宅から近い医院を検索して治療を受けると良いでしょう。
【まとめ】TCH・顎関節症を治してもらえる一流の歯科医院・病院をまとめました!

顎関節症かと思っていたが、実はうつ病が原因かもしれない

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

うつ病の1つの症状として、顎関節症の症状が出ることがあります。

・歯の噛み合わせが異常に気になる

・顎の痛みとまではいかないが、違和感が強い

・体がだるい、重いといった不定愁訴が目立つ

こういった場合は、うつ病の可能性があります。

うつ病と顎関節症は間違いやすい病気でもあります。

ですので、もし少しでもその疑いがありそうなら、お気軽に心療内科・精神科を受診してみましょう。

心療内科・精神科はこわい場所ではなく、むしろ普通の内科よりリラックスできるはずですよ。

おわりに:僕もたくさんの整体に通いました

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

僕の闘病生活は「【闘病記】うつ病と顎関節症」でストーリーにしていますが、7年以上うつ病に苦しみました。

高校3年生からです。

当時は顎がコキコキしたり、体が鉛のように重い症状に悩まされました。

ネットで調べると、顎関節症という病気がそれっぽく、整体で治しましょうといった宣伝が目立ちました。

親に心配をかけまいと、こっそりと整体院で治療を受けました。

ボキボキする整体もあれば、変わったマシンを使った整体もありました。

整体を受けたその瞬間はちょっとだけ体がマシになりました。

しかし、長くは続きません。

すぐにあの不快感がやってくるんです。
【まとめ】ぼくの鬱病の症状~こんな症状に苦しんでいました~

それでも整体に通いました。

治るんじゃないかという淡い期待を抱きながら。

お金ばかりが消えていきました。

保険適用外の整体院も多かったからです。

しかし、治りませんでした。

その後、顎関節症治療の世界的権威の木野孔司先生に出会って人生が変わったのです。

木野孔司先生の治療を受けて、整体やマウスピース(スプリント)治療では顎関節症が治らないことを教えてもらったんです。

そしてTCH是正治療をすることの大切さも教わりました。

今回は「顎関節症と整体について」のテーマなので、顎関節症治療自体はあまり触れていません。
(そのあたりを知りたい方は、いままでのリンクをたどっていただければと思います)

いくら整体を受けても治らないということを今回はお伝えしたかったのです。

顎関節症の原因にアプローチできていないからです。

整体はその場限りの対処療法なのです。

整体自体を否定しているわけではありません。

顎関節症については、整体では治らないということです。

先ほどの例ではありませんが、足を骨折して、足に湿布を貼っているようなものです。

本当の治療は、ギプスをつけて安静にする。

足が固定されたら、リハビリを始める。

これが本来の治療ですね。

顎関節症も同じです。

そのことをお分かりいただければ幸いです。

本日もありがとうございました。

<まとめ>

顎関節症は本来自然に治る病気である。

顎関節症は、TCH是正訓練治療で治す。

顎関節症の症状の原因がうつ病の可能性がある。

顎関節症を整体で治すことはできない

サイトアイコン青年A

<こんな記事も読まれています>

「うつ」の再発を恐れないで!:たった1つのその理由

情報のウソ、ホント。見極める力~意見と事実の違い~

斎藤一人さんってどんな人?:人生に迷った人に気づきを与えてくれる成功者

アサーショントレーニング④~「私メッセージ」を使って自分の気持ちを分かってもらおう~

 - 【僕の考え】治療に励むにあたって