うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

アサーショントレーニング④~「私メッセージ」を使って自分の気持ちを分かってもらおう~

   

063480

「私メッセージ」…それは相手を非難することなく自分の想いを伝える手法

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

今回はアサーショントレーニング第4弾
「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)についてご紹介したいと思います。

(第1弾~第3弾は以下をご参照してください。
アサーショントレーニング①~DESC法!あなたの想いを確実に届ける技法~
アサーショントレーニング②~ABC理論(アルバート・エリス)を知って感情をコントロールしよう!~
アサーショントレーニング③~「20答法」で隠れた欲求と悩みに気づこう!~

 

「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)はどんなものかと言いますと、
相手を非難することなく自分の想いを伝える手法のことを言います。

こんな経験をしたことはないでしょうか?

・言いたいことが言えずにモヤモヤした

・伝えたいことと違った意味で受け取られた(誤解された)

・旦那に直してほしいことを言うと、すぐ無理だと言われる

・すぐ言い合いになってケンカしてしまう

こういったことは誰でも日常的に起こるものかと思います。

笑ってゆるせることであれば問題ないでしょうが、そうではないこともあります。

そういった時、どのように伝えれば相手も自分もハッピーになれるのでしょうか?

お互いがハッピーになれる伝え方…それが「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)なのです。

 

気づかぬうちに「相手を責める伝え方」になっていませんか?

6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_s

相手は自分の鏡」という言葉がありますが、
あなたが攻撃的になると、相手も攻撃的になることが多いのです。

相手も攻撃的になるというのは、相手が手を出してきたり反論してきたりするだけではありません。

相手があなたの言う事を黙って聞いているように(表面的には)見えても、
相手の心の中ではあなたを攻撃していることもよくあります。

「こいつ(あなた)何言ってるんだ、言うこと聞く気はない」

「いや、お前(あなた)が間違っている」

と思っていることもあります(沈黙の攻撃)。

その結果、あなたと相手の心の溝が広がって、
ますますコミュニケーションが取りづらくなる、という悪循環に陥ってしまいます。

そして、あなたは「原因は相手にある!」と考えて自分を守ろうとするかもしれません。

しかし待ってください。

もしかすると、あなたの伝え方に問題があったのかもしれませんよ。

ユーメッセージ(you message)になっていませんか?

相手を非難しているときは、
ユーメッセージ(you message)になっていることが多いと言われています。

ユーメッセージ(you message)とは、「あなた(you)」を主語にしたメッセージです。

「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)の反対の表現です。

具体例をあげてみましょう。

<ユーメッセージ(you message)の具体例>

「きみは間違っているよ!」

「早くしなさい!」

「こんな遅くまで何してたんだ!」

「言う事を聞きなさい!」

これらの主語は「あなた(you)」です。

あなた」を主語にするということは、「あなたに~させる」とか「あなたに~してほしい」といった、「相手をこちらで動かす」表現になることが多いのです。

ネガティブな感情のおもむくままに伝えようとすると、
ユーメッセージ(you message)は相手の批難のメッセージとなります。

批難された相手は、

「いや、お前が間違ってる!」

「うるさい!」

「何時に帰ろうとおれの勝手だろ!」

「なんで言う事を聞かなきゃいけないんだ!」

と、あなたを拒絶したり、反発したりする結果となるのです。

そうならないために「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)を使うのです。

 

主語を「あなた(you)」から「わたし(I)」に変えるだけで伝わりやすくなる

342821

「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)では主語を「私(I)」にして表現するようにします。

・ユーメッセージ(you messege)

「こんな遅くまで(おまえは)何してたんだ!」

・「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)

「帰りが遅くて(私は)心配したのよ」

 

・ユーメッセージ(you messege)

「言う事を聞きなさい!」

・「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)

「すっごく大事なことだから聞いてほしい(と、私は思っている)」

 

このように、主語を「あなた」から「私」に変えるだけで、批判的にならずに柔軟なニュアンスで相手に伝えることができるのです。

日本語では主語を省略することが多いので、必ずしも「私」を入れなくてもかまいません。

ただし、「すっごく大事なことだから聞いてほしい(と、私は思っている)」のように、

「あなた」を主語にするのではなく、「わたし」を主語にして伝えるようにしましょう。

よくアイメッセージの本では、主語として「わたし」を入れる、と書いてあります。

しかし、そうすると不自然な日本語となることが多いのです。

「私の考えはあなたの考えと違います」

「私はあなたにもう少し急いでほしいのです」

「私はあなたにくわしく説明してほしいです」

「私はあなたが怖くて自分の意見が言えません」…

不自然だと思いませんか?

ですので、「私は」を省略してもかまいません。

しかし、ニュアンスとして「わたし」を主語にして伝えるようにしましょう。

アイメッセージは愛メッセージ

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)愛メッセージとも言われています。

相手を大切にした自己表現なのです。

どうしても注意しなければならない時や教えなければならない時はあるでしょう。

そういった時に、感情的に、攻撃的に伝えてしまうと相手と良い関係性を築くことができません。

そうではなく、自分も相手もハッピーになれる表現(アサーション)で伝えることが大切なのです。

ユーメッセージ(you messege)「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)の関係は、ちょうど北風と太陽の関係と似ているかもしれません。

あるとき、北風と太陽は力比べをしようとしました。

どちらが先に、目の前を歩く旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負です。

北風は力いっぱい風を吹かせて、力づくで上着を脱がせようとしました。

しかし旅人は風をしのぐために、かえって上着を強く押さえて脱ごうとはしませんでした。

一方、太陽はじんわりと旅人の体を温めました。

すると旅人はぽかぽかとして気持ちよくなり、自分から上着を脱いだのです。

これで、勝負は太陽の勝ちとなりました。

北風がユーメッセージ(you messege)
太陽が「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)ですね!

相手に気持ちよく動いてもらいたいものです。

相手に「愛」をもって伝えることが大切なのです。

おわりに

dfbbb4630e3539f668d33f0c1e17d7c5_sアサーショントレーニング第4弾「私メッセージ」(アイメッセージ、iメッセージ)はいかがでしたでしょうか?

「私」を主語にすることで、相手を非難することなく自分の想いを伝えることができる、というのが今回の内容でしたね。

また「私」を主語にすることで、「自分で自分の想いに気づくことができる」という効果もあります。

頭の中でグルグル考えるのではなく、言葉にすることで自分の気持ちが分かるということです。

ぜひ、実践してみてください。

そして効果を確かめてください。

本日もありがとうございました。

サイトアイコン青年A

P.S
このアイメッセージは、
アメリカの心理学者「トマス・ゴードン」が『親業』という本の中で初めて紹介したものとされています。

数千人に指導した実績もあり、全米では教員免許のプログラムとしても採用されている理論です。

根拠に裏打ちされたものですので、ぜひ一度トライしてみてくださいね^^

 

下にシェアボタンやランキングボタンがあります。

クリック&シェアして応援していただけますと幸いです^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ
にほんブログ村
歯・口・喉の病気 ブログランキングへ
闘病記 ブログランキングへ

 - うつの治療法