うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

「笑う門には福来る」~笑いがもたらす4つの効果~

   

笑う門には福来る

幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ

『幸福論』で有名なアランの言葉です。

幸せで、楽しくて笑うのは当然です。
病気など苦しい時に笑えるかがポイントです。

苦しい時こそ笑うことを意識して行い、福を呼びよせたいものです。

以下に笑いの4つの効果をお伝え致します。

【笑わずにはいられない4つの効果】

1.ストレスが発散される

ストレス発散笑うことによってストレスが発散されます。

笑うと副交感神経が優位になり、緊張がほぐれてリラックスできるという仕組みのようです。
(副交感神経:休息、体の修復、リラックスを司る自律神経の一種)

すごいのが、ストレスが多い人ほど、その作用が強く働くようです。

ですので、ストレスがかかってるなーと思った時ほど、意識して笑うことが大切なのです。

 

2.自然治癒力があがる~ナチュラルキラー細胞活性化~

免疫力向上

「がんと笑い」の研究が有名ですが、笑うことで、病気の進行を遅らせたり、
痛みを軽減させたりすることが知られています。

笑う事で、自然免疫を司るナチュラルキラー細胞が活性化されるという仕組みのようです。

 

3.男性はイケメンに、女性は美人になる

美人

(この方とっても美人ですよね~(笑))

笑うと口角が上がります。
(口角:唇の両端のこと)

口角が上がると、楽しそう、親しみやすそうな印象を与えることができます。
口角が下がっていると、何もしていないのに怒っているように見えたりしますよね。

また笑うことで、お顔の表情筋が鍛えられ、シワやたるみの予防になります。
筋肉が鍛えられることで、肌のハリやツヤがでて、結果的に美男美女となっていきます。

 

4.周囲に良い影響を与えることができる

笑顔が伝わる

「笑いは伝染するのか」を検証した有名な実験です。

結論としては、When you smile to the world, the world smiles back
(世界に微笑めば、世界も微笑み返す。)ということでした。

まさに、AIさんの「ハピネス」
~君が笑えばこの世界中にもっともっと幸せが広がる~なのです!

 

まとめ

辛い時、苦しい時こそ笑いたいものです。
新卒で入社した会社の副社長に、
「苦しい時に笑えるかが大切」と言われたことを
この記事を書いていて思い出しました。

僕は次のようなことをして笑っていました。

・友達と会って笑う
・ボウリングなどエキサイティングなことをして笑う、
・笑えるテレビ、映画を観る(すべらない話などw)
・カラオケで1人で歌って笑う

そして日常の中で「おもしろいことはないか」を探したり考えたりして
生きていけると良いかと思います。

もはや芸人みたいですが(笑)

人はどうせ死ぬのです。

どうせなら、面白おかしく生きたいものですね!

青年A

 - 【僕の考え】治療に励むにあたって