うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

【うつの問診】うつなら運動しよう!心と体を整える

   

運動で「うつ」を消し去る

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

本日はうつ当時の問診ストーリーをご紹介します。
(「【問診】うつ、顎関節症の問診記録」)

運動がうつ病に効くというお話を中心にしてきますので、よろしくお願い致します。

うつ病の問診

青年A

特に生活は変わりなくて、夜10時30分くらいに寝て朝6時過ぎに起きる生活をしています。

週5日、朝9時から夜6時くらいまで働いています。
【うつ病の問診】うつ症状との付き合い方│まずはアルバイトから始めましょう

休みの日は友達と食事をしたり、ジムで運動したりしてますね。
うつ病の運動療法~うつの人に運動を強くオススメする4つの理由~

わりと充実した生活を送ってるんじゃないかなって思います。

先生

カラダの症状はどうですか?

青年A

カラダの症状はまだ残ってるんですけど、体が重いという症状は少しずつ良くなってきている気がします。
「鉛様麻痺(鉛様疲労)=体が重い」は非定型うつだけじゃない!│定型うつの症状でもある

あとは顔周りの筋肉の緊張が最後まで残ってるかなって感じです。
結局、顎関節症とは何なのか?その正体と治療法の真実

先生

そうですね~

まあだいぶ良くなってきてますね。

青年A

そうですね。

少しずつですけど。

先生

運動してはるのもカラダにとって良いんでしょうね。

青年A

そうですね。

運動しないと体がだるくなったりするような感覚があるので。

カラダを動かすと頭がスッキリします。

なのでジムには定期的に通っています。

先生

適度な運動は体に良いし、精神の安定にも欠かせないみたいです。

そういったデータが出てるので。

青年A

実感としても、(運動すると)スッキリしますね。

先生

そうですね。

ご自分が落ち着く方法が正しいと思ってね、続けていきましょう。

やってみて、しんどくなりすぎたらいけませんので。

ちょうどリラックス効果がありそうな運動をしていくと良いでしょう。

青年A

分かりました。

最近は特に、うつ病とかの心の病は増えているんですか?

先生

データ上すごく増えていますね。

青年A

そうなんですね。

先生

いっぱい病院も増えてますしね。

青年A

発症の原因はみんなバラバラですか?

先生

そうですね。

皆さん色んな事情を抱えていますから。

青年A

待合室にいると、皆さん健康そうに見えますから。

僕もそう思われてると思いますけど(笑)

普通に見えるじゃないですか。

先生

そうですね。

でも、定期的に病院に通うだけでも負担なはずなんで。

それだけ苦悩を抱えているから病院に来てるわけですよね。

だから、自分だけやないんですよ。

青年A

そうですね。

精神症状に強く出る人もいれば、僕みたいに身体症状に強く症状が出る人もいらっしゃるんですか?

先生

そうですね、仰る通り2パターンに分かれます。

精神的にタフな人のほうが身体症状が出やすいんです。
【うつ病の問診】実はうつ症状が再発の防波堤になっている│その理由と症状との付き合い方

青年A

そうなんですね。

先生

ご自身が経験してはるから分かると思うんですけど、身体症状に強く症状が出る人のほうが深刻なんですよね。

体に症状を出すことで、なんとかブレーキをかけてるんです。

考え方を変えてとかの次元ではないですね。

実際、不快な症状が出てるわけですから。
【まとめ】ぼくの鬱病の症状~こんな症状に苦しんでいました~

青年A

なるほど。

いつも分かりやすいお話ありがとうございます。

おわりに

 

うつ病はほんとに苦しい病気です。

長期戦を強いられる病気で、絶えず症状が襲ってくるのです。

心のガンとか言われますが、心の症状だけでなくて体の症状まで出るから厄介です。

まずは、うつ症状と闘っておられる自分自身を褒めてあげてください。

自分自身が最高の応援者になってください。

うつになると自分を責めがちになるからです。

うつ症状はいずれ消えます。

いつの間にか消えています。
うつ症状はいつのまにか改善されている:その理由と改善方法2

その時をじっくり待ちましょう。

そして「今」できることに目を向けましょう。

意味のある時間を過ごすために。

お読みいただき、ありがとうございました。

サイトアイコン

青年A

 - 【闘病記】うつ病と顎関節症