うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

不定愁訴の原因として顎関節症を疑う

      2015/10/16

股の違和感、体が鉛のように重い症状のせいで、

ベットに入っても快適さを感じる事が出来ず(常に筋肉が緊張しているような感覚)、

心身の疲労が続いていました。

高校3年生のある日、朝起きると顎からカクカクと音が鳴るではありませんか!

新しい症状だったので、なんだこれはと思いました。

顎のカクカクが気になりだしてからも、引き続き、股の違和感、体の重さ、目がまぶしい等の不定愁訴は続いていました。

いつか忘れてしまいましたが、

「顎 音」などと検索したところ、顎関節症という病気があることを学びました。

そして、この症状は、噛み合わせの悪さやストレスなどで引き起こされ、

不定愁訴や自律神経失調症となることがあると、

インターネット上には記載されていました。

「ぼくの病気は、これだ!」と思いました。

顎はカクカク鳴るし、不定愁訴や自律神経失調症の症状も当てはまる。

顎を治せば体は良くなる!そう思えてきました。

そして顎関節症の治療に詳しい医師を探し始めるのです‥

青年A

前へ(神経過敏の状態が続く~どうしてこんなことになってしまったのか?~)

次へ(ドクターショッピングの日々~歯医者を中心に~)

 - 【闘病記】うつ病と顎関節症, 闘病体験記