うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

歯ぎしりにマウスピースを使わないで!:あかん理由と本当の治療法

   

NG

歯ぎしりにマウスピースを使うと悪化することが多い

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

歯ぎしりの治療でマウスピースを使ってはいけません

これがお伝えしたいことの全てです。

なぜマウスピースを使ってはいけないのか?

そのあたりを書いていきたいと思います。

本日もよろしくお願い致します。

なぜ歯ぎしりにマウスピースを使ってはいけないのか?

はてな

歯科医院で歯ぎしりを相談すると、「マウスピースをつけて様子をみましょう」と言われるかもしれません。

しかし、マウスピースを使わないでください。

その理由はこうです。

1.歯ぎしりが悪化することが多いから

皮肉なことに、マウスピースをつけると、歯ぎしりが悪化してしまうことがあります。

寝ている間、無意識にマウスピースを噛み締めてしまうのです。

ギリギリ、キリキリと。

マウスピースは歯と歯の接触をさけるためのものです。

そのため、分厚いマウスピースを寝るときに装着します。

これで歯と歯の接触はさけられますが、次は歯と歯でマウスピースを噛んでしまうのです。

寝ている間は無意識です。

なので、ずーっと噛み続けてしまって、朝起きると顎が異常に疲れている、ということになります。

1分間でさえ歯と歯を噛み合わせると疲れるのに、6時間とか7時間それを続けるなんて、筋肉にどれだけ負担なのか…想像するのが容易かと思います。

2.マウスピースのつけすぎで歯並びが変わってしまうことがあるから

マウスピースをつけると歯と歯に隙間ができます。

短期間の装着なら問題ないですが、長期間の装着は歯並びを変えてしまう恐れがあります。

僕は実際、歯と歯の隙間が記憶されてしまって、オープンバイト(開咬)になってしまいました。
(オープンバイト:噛み合わせた時、上下の前歯が咬み合わせない不正咬合)

オープンバイトになってしまったら、矯正治療でしか治せません。

どれぐらいを「長期間」といえるかは個人差がありますが、いずれにしてもマウスピースは使うべきではありません。

マウスピースを使わなくても治療できるからです。

3.本来の噛み合わせを壊してしまう恐れがあるから

マウスピースをつけると噛み合わせが変わります。

正しい噛み合わせを考慮した上でマウスピースを設計していたらまだしも、ただ歯型を取って作ったマウスピースだと噛み合わせを壊してしまうことがあります。

その結果、うまく噛めない、なんか違和感がある、といった症状を引き起こすことがあるのです。

4.顎関節症を発症することがあるから

マウスピースをつけると顎位も変わります。

顎位とはその名の通り、顎の位置です。

顎は、両耳あたりの顎関節によって、ブランコみたいに支えられています。

マウスピースをつけることで、このバランスが崩れて顎関節症を引き起こしてしまうことがあるのです。
結局、顎関節症とは何なのか?その正体と治療法の真実

以上、代表的な理由を4つ挙げました。

マウスピースを使うべきではないことがご理解いただけたでしょうか?

歯ぎしりの治療法

a2732be3fa01b96e250b54a0f6f72355_s

歯ぎしりの治療法は「歯ぎしりを治療する2つの方法:歯科治療と精神治療」をご覧ください。

歯ぎしりの治療には「歯科治療」と「精神治療」があり、それらを詳しく解説しました。

歯ぎしりの治療法をお知りになりたい方はぜひ一読してみてください。

おわりに:僕はマウスピースでえらい目にあいました。

おわりに

【闘病記】うつ病と顎関節症」でストーリー仕立てにしていますが、僕は7年以上うつ病と顎関節症に悩まされました。

その時ずっとマウスピースを使っていました。
噛み合わせ治療にマウスピースを使うのはもうやめよう

マウスピースを使わないと顎関節症は治らない、噛み合わせの悪さが体調不良の原因なんだと思い込んでいました。

大阪の有名な歯科医院でマウスピースを作製してもらい、2~3週間に一回調整してもらう日々が続きました。

調整してもらった日は調子がいいのですが、しばらくするとまた体調が悪化しました。

「顎がだるい」

「知覚過敏になっている」

「詰め物がすぐに取れる」

「首、肩が凝りまくる」

といった症状が取れないのです。

そしてまたマウスピースを調整してもらいました。

お金と時間を湯水のごとく使いました。

それでも治りませんでした。

その後、顎関節症で世界的権威の木野孔司先生と出会ってマウスピースから解放されたのです。
「tch」を発見した木野孔司先生が新サイトをオープン!:顎関節症患者を救うためのサイト

マウスピース自体を無意識に噛みしめていたから起きていた症状だと気づきました。

寝ている時は「無意識」なので、先生に指摘されるまで分からなかったのです。

マウスピースを外してどうなったのか…

歯ぎしりをしなくなりました。

歯ぎしりを家族に言われることもなくなりました。

先ほど上げた症状も少しずつ消えていったのです。

だから声を大にして言いたい。

「マウスピースを使ってはいけない」と。

皆様の健康を祈って本日も終了といたします。

ありがとうございました。

<こんな記事も読まれています>

『バリアバリュー 障害を価値に変える』(垣内俊哉):”明けない夜はない”ということ。

うつ病と顎関節症はなぜ間違いやすいのか~うつが「原因」で顎関節症は「結果」~

脳疲労に気づいて対処しよう!~だれでも簡単!疲労回復・活性化の巻~

認知再構成法(コラム法)のやり方~あなたのその考えはほんとうに正しいのか?~

サイトアイコン青年A

 - 【僕の考え】治療に励むにあたって ,