うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

『ツレがうつになりまして。』(細川貂々):必読の書!断トツで有名なうつ病闘病記

      2016/03/06

[解る!解る!全て経験したよ!]
うつ病歴 結構経ちます。
今、減薬中で、かなり良いトコまで来ています。

私が通院している病院に置いてあり、待合室で読みました。
とっても読みやすいので、1日もあれば読めてしまう内容です。

そうして、「これも!」「あ!これも!」って、私が経験したこと全てが書いてありました。

もっと早くこの本に出会っていたら、周囲の不理解に苦しまなくても良かったかも。

今、辛い人へ
周囲の理解を得る為に、この本はお勧めです!

また、今できないことの全てが『うつ』の症状である ということが解ります。

どうか自分を責めないであげて下さいね。

[辛い病気も笑えるようにしてくれる本。]
この本は、私が鬱で一番苦しい時に手に取った本。

自分は甘えてんじゃないかと、自責感でいっぱいだった私を救ってくれた本です。

読んでいて、あーそうそう!私もそう!という所が沢山あって、(自分は病気だったんだ…他にも同じように苦しんでる人もいるんだ)と、思え病気と向き合う勇気をもらいました。

鬱が寛解になった今でも、たまにこの本を手に取り読みます。

旦那もこの本を読んで、私の大きな支えになってくれました。

[うつの方に読んでほしい]
うつの私が読んで、クスッと笑えて共感できるところが多々ありました。

『うつで他にも苦しんでいる人がいるんだ。』と思え心が軽くなりました。

ぜひうつの方に読んでほしいです。

おわりに

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

僕は6年以上もうつ病&顎関節症に苦しみました。
【闘病記】うつ病と顎関節症

・顔周囲の筋肉が異常に緊張する
うつ病と顎関節症はなぜ間違いやすいのか~うつが「原因」で顎関節症は「結果」~

・意味もなくイライラする
うつ病で意味もなくイライラしてしまう…。その原因と5つの対処法

・首、肩が尋常じゃないほど凝る

・頭がぼーっとして考えがまとまらない

・体に鉛が入ってるように重たく感じる・汗がとまらない…など
うつ病の症状の1つとして体が重く感じることはよくある症状

ありとあらゆる自律神経失調症に悩まされました。
自律神経失調症は「症状」であって「病名」ではない。~真の原因は何か~

当時はうつ病という言葉も病名も知りませんでした。

内科や外科で検査しても異常なしと判定されます。

そのため、
「自分は怠けているだけなのか?」

「なんで自分はこんなに何もできないんだ」

と自分を責め、症状に苦しみ、人生に絶望していました。

しかし、それらは「うつ病」の症状だったのです。

つまり、国際的に認められた”病気”だったのです。

今、あなたはうつ病で苦しんでいるかもしれません。

しかし、それは甘えではないのです。
うつが甘えじゃない理由:思い込みにとらわれてはいけない

そして、『ツレがうつになりまして。』にもあるように、”明けない夜はない”のです。

僕もまさか治るなんて思わなかったのですから。

自分を責めるのではなく病気と向きあっていけたらと思います。

本日もありがとうございました。

<こんな記事もおすすめです>
不定愁訴は「症状」であって「病名」ではない。~「症状」の治療になってませんか?~

生きぞこない(北嶋一郎)~自殺未遂,双極性障害発症…エリートビジネスマンの「どん底」脱出記~

「うつの自殺は絶対あかん」~してはいけない4つの理由~

うつの治療法まとめ

サイトアイコン青年A

 - 【本】救ってくれたオススメ本