うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

『自分で治せる!顎関節症』(木野孔司):ついに分かった!顎関節症の最大の原因はTCH

      2016/03/08

自分で治せる! 顎関節症(僕の所有本)

マウスピースはいらない。TCHをやめれば顎関節症は治る

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

今回ご紹介する本は『自分で治せる! 顎関節症 (健康ライブラリーイラスト版)』です。

以前、『顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本』(木野孔司):目からウロコ!これで顎関節症&かみ合わせの悩みとおさらばできます!をご紹介しましたが、今回も同じ”木野孔司”先生の書籍です。

完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本』との違いは、イラストがより多く使われていることと、よりシンプルにまとまっていること、です。

木野孔司先生については、木野顎関節研究所~顎関節症、噛み合わせの治療はここで決まり!~でも記事にしていますが、顎関節症の世界的権威のお方です。

僕は実際に木野先生の治療を受けましたが、ほんとに丁寧で分かりやすく、優しく愛情をもって接してくれました。

木野孔司先生に出会わなければ、今もあの時の症状に苦しんでいたかもしれません。
(そう思うとゾッとします)

次に当てはまる方にはぜひ一度お読みいただきたいと思います。

<こんな方にオススメです!>

・マウスピースでしか顎関節症は治せないと思っている方
噛み合わせ治療にマウスピースを使うのはもうやめよう

・顎関節症を治すには、噛み合わせ治療が不可欠だと思っている方
咬合をいじってはいけない。「アゴのズレ」は原因ではなく、筋緊張の結果

・顎関節症だから、自律神経失調症になっていると思っている方
うつ病と顎関節症はなぜ間違いやすいのか~うつが「原因」で顎関節症は「結果」~

・噛み合わせが悪いから、不定愁訴になっていると思っている方
不定愁訴は「症状」であって「病名」ではない。~「症状」の治療になってませんか?~

このような方には自信をもってオススメします。

それらは全て間違いだからです。

あなたの価値観が大きく変わり、完治への一歩が踏み出せることでしょう。

なぜ顎関節症になるのか?

IMG_20160308_182924

顎関節症の原因は何でしょうか?

原因は1つでなく、たくさんあります(多因子)。

ストレス、歯ぎしり、顎関節や筋肉の弱さ、TCH‥など。

しかし、近年になって、顎関節症の最大の原因がついに発見されました。

それが「TCH」なのです。
TCH(歯列接触癖)とは?:顎関節症の最大の原因が発見された!

TCHとは、上下の歯と歯を合わせる癖のことです。
(Tooth Contacting Habit)

安静にしている時、上下の歯と歯の間は、0.5~2ミリ程度のわずかな隙間があります。

つまり上下の歯と歯は重なっていません。

そのことによって、関節や筋肉がリラックスできています。

しかし、TCHがある方は、無意識のうちに上下の歯を咬み合わせてしまっているのです。

食べ物を噛む時のような強い力ではなく、長時間よわ~い力をかけ続けています。

歯は瞬間的な力には強いのですが、小さな力をずっと与えられることには弱い性質があります。

その結果、歯と関節と筋肉に恐ろしいほどの負荷がかかって、顎関節症を発症してしまうのです。

『自分で治せる! 顎関節症』(木野孔司)の一部抜粋

この『自分で治せる! 顎関節症』には、次の事が隅々まで分かりやすく書かれています。

・なぜ、噛み合わせを治しても治らないのか?

・なぜ、マウスピース(スプリント)を使ってはいけないのか?

・顎関節症と他の病気との見分け方

・なぜ、TCHがいけないのか?

・TCHの見つけ方

・TCHの治し方

・TCHがおこる習慣の見直し方

・TCH是正治療を受けることのできる医院の紹介…など。

顎関節症患者が知りたい全てのことが書かれています。

特に印象の残った文章をご紹介致します。

IMG_20160308_182857

・気づいて離すTCHコントロール法、コツをつかんで毎日取り組めば3カ月で治る!

・患者さんの8割にそのクセがある!最大の原因は上下の歯を接触するクセ「TCH」

・本書でお話しすることを実践していけば治ります。

ただし、そのためには患者さん自身の発想の転換も必要です。

「治してもらう」という受け身の姿勢から、「自分で治す」という積極的な姿勢に気持ちを切り替えて、セルフケアに取り組んでみてください。

IMG_20160308_182907

・かみ合わせが悪くても、全身に悪影響を与えるおそれはありません。

・心のストレスの軽減より、歯を話すほうが楽

IMG_20160308_183002

(『自分で治せる! 顎関節症 』より)

ほんと一部で申し訳ございません。

イラストをたくさん使っていることと、間違って伝わってはいけないと思ったので一部に留めました。

具体的な治療法(セルフケア)も書かれていますので興味のある方はご一読ください。

自分で治せる!顎関節症

おわりに~その症状の原因は、ほんとに顎関節症?~

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

詳しくは、【闘病記】うつ病と顎関節症で書いていますが、くたびれるほど長い間、顎関節症に悩まされました。

6年以上、マウスピース(スプリント)をはめて顎関節症を治療していました。

マウスピースを調整して、はめた時は調子が良いのですが、しばらくするとまた体調が悪くなるのです。

どんな体調不良かと言うと、

・目が開きにくい・頭がぼーっとする・光がまぶしく感じる・汗がとまらない

・顎周りの筋肉が異常に緊張する・体が重い・首、肩の尋常じゃない凝り・やる気が出ない…など

いわゆる自律神経失調症や不定愁訴といわれる症状です。

わけのわからない症状が出始めた頃とほぼ同じ時期に、顎がコキッコキッと鳴るようになりました。

それで「顎関節症とは」とネットで検索すると、
”顎関節症や咬み合わせの悪さで不定愁訴が出ます”みたいな記事があふれかえっていました。

「僕の不調は、顎関節症と咬み合わせの悪さが原因だ!」と信じこみました。

自律神経失調症の症状と顎の音がほぼ同時期に出たからです。

しかし、結論から言うと、僕は顎関節症ではありませんでした。

うつ病だったのです。
「うつ」「顎関節症」の知識を深める3つの方法~知りたいことは、そこにある~

うつ病という診断を受けるのに2年以上かかったと思います。

その間、先ほど書いた不定愁訴に苦しみ続けました。

うつとは知らずに、大阪の顎関節症治療で有名な歯科医院に通い続けました。

その歯科医は、「顎関節症で自律神経失調症が出ることがある」と僕に言い、治療を続けました。

良くなったり、悪くなったりの繰り返し…

膨大なお金と時間を無駄にしてしまったのです。
(そして治りませんでした)

皆さんにはそういう経験をしてほしくありません。

だから、顎関節症の方にはTCH治療を、うつ病の方にはうつ治療を勧めています。

自分は顎関節症だ、と思っている方も実はうつ病の可能性もあります。

うつ症状と顎関節症の症状は似てる部分が多いからです。
うつ病と顎関節症はなぜ間違いやすいのか~うつが「原因」で顎関節症は「結果」~

この書籍で、あなた様の病気に対する考え方が変わるかもしれません。

良書ですので、ご推薦させていただきます。

本日もありがとうございました。

<こんな記事も読まれています>
顎関節症・舌痛症・噛み合わせ異常に苦しんでいる方、それ歯科心身症かもしれません

なぜ歯を失ってしまうのか?なぜ顎関節症になるのか?~「原因」の「原因」に迫る!~

顎関節症にマウスピースを使ってはいけない!:4つの理由と正しい治療法

情報のウソ、ホント。見極める力~意見と事実の違い~

サイトアイコン青年A

 - 【本】救ってくれたオススメ本