うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

顎位、噛み合わせに左右される体調

      2015/10/16

虫歯になり、詰め物を外したりして歯のかみ合わせが微妙に変わると、

体調も悪くなっているように感じました。

噛み合わせにとっても敏感でした。

噛み合わせが変わる度に、例の歯科で相談をし、

固定用から誘導用のマウスピースに戻して調整をしたりして、

結局、大学4年間その歯科に通うこととなりました。

診断からマウスピース作製、調整まで全て「保険適用」でしたが、

虫歯治療も含め、その歯科医院にどれだけのお金を使ったのか、

計算するのが怖いくらいです(笑)。

当時、顎関節症を治すには、マウスピース治療しかないと信じ切っていました。

(歯を削ることは絶対にしてはいけないようです)

どこに出かけるのもマウスピースを持っていきました。

夜行バスの中でさえ、寝る時にマウスピースを付けたものです((笑))

前回も書きましたが、マウスピースを付けると寝つきが良いのです。

マウスピース調整がうまくいった時(?)なんかは、

装着すると体の筋肉の緊張がスーッと抜けるような感覚を覚えるのです。

しかし、長続きはしませんでした。

固定用マウスピースとなり、肩の筋肉の緊張はもう感じませんでした。

しかし、「下半身・顔周りの筋肉の緊張」「目が開きづらい」といった身体症状や

「イライラ」、「細かいことにこだわりすぎてしまう」といった精神症状はありました。

しかし、前回と重複となりますが、

長い間、体の不調が続くと、健康な時の状態が思いだせず、

「人の体調ってこんなもんかも」と思いながら生きていました。

また、僕の大学生活は、ストレスも少なく、好きなことを自由にしていたので、

生きる事が楽だったのです。

「股の違和感」は完全に消えていました。

高校3年生、浪人時代はあれほど苦しんだのに、

自然とこの違和感は消失しており、

「その時の嫌な気持ち悪さってどんなだったっけ」と

忘れてしまっていました。

心療内科ではサインバルタを朝「1錠」服用していました。

万全ではないにしろ、楽しい大学生活を送りました。

そして、魔の社会人生活へと進んでいくのです。。

青年A

前へ(楽しい大学生活と大きな間違い)

次へ(上京!新社会人1年目!東京の心療内科に通う。)

 - 【闘病記】うつ病と顎関節症, 闘病体験記