うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

【ブラキシズムの改善2】歯ぎしり・食いしばりの検査と治療法

      2015/12/02

この記事は、
【ブラキシズムの改善1】顎の痛み・緊張は、歯ぎしり・食いしばりが原因かもしれない」の続きです。

279768664bac9308dbcbf1d13f476ace_s 

ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)の検査法

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

こんばんは、青年A(@seinen1234)です。

今回はブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)の検査法についてご紹介します。

 

1)歯がすり減って平らになっている

bruxism_23

(引用元:国立くぼむら歯科クリニックさん)

歯を左右にすり合わせることによって、噛み合わせの面が平らになってしまっています。

 

2)骨隆起がみられる

113

(引用元:歯とお口のことなら何でもわかるテーマパーク8020さん)

ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)の力に対抗しようと、
顎の骨が異常発育したものと考えられています。

病気ではなく、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)が原因ではといわれています。

 

3)ほっぺた、舌に歯の跡がみられる

CCI00000f1(引用元:旧居留地歯科さん)

image12

(引用元:歯チャンネル88より)

歯を食いしばる際に、舌にも力が入ります。
その際に舌で歯を押し付けてしまい、歯の跡が舌についています。

また、歯と頬の内側が接触して、頬に白い歯型がつくことがあります。

 

4)起床時の顎・顔面の疲れ

b9cd15017172da572957a68cf968939e_s

夜間、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)をし続けると、顎・顔面の筋疲労がみられます。
いわば、長い間筋肉トレーニングをし続けてしまった状態といえます。

 

5)ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)を指摘されたことがある

634fb35879c0f29e05a11af528dcd83b_s

これは言わずもがなですね。
僕は母親によく「夜歯ぎしりしてるよ」と言われていました。

 

上記5点をご自身でチェックしてみてください。

僕は特に3と5が顕著にあらわれていました。

1、2、3、4、5全てに当てはまらなくても、
ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)をしている可能性はあります。

どれか1つでも当てはまれば、一度歯科医に相談すると良いでしょう。

 

ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)の治療法

治療法

 

TCH是正訓練治療

最もおすすめしたい治療法です。
   詳細は、「TCH是正治療~リスクが少なく効果抜群~」で記載していますが、
   簡単に言うと、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)に気付いて、
   歯を離す習慣を身に付けるトレーニングです。

  トレーニングといっても、厳しいものではございませんのでご安心ください(笑)

  顎関節症治療の権威、東京医科歯科大学顎関節治療部「木野孔司」先生の開発したトレーニング法です。
  やり方は「TCH是正治療~リスクが少なく効果抜群~」を参照ください。

<関連>
(第1回目)木野孔司先生によるTCH是正治療開始

TCH是正訓練を受けることのできる医院

<参考図書>

虫歯、抜け歯の治療

→虫歯、抜け歯、被せ、詰め物が取れている場合は治療しましょう。
 (噛み合わせのバランスを失い、歯全体に負荷が分散されないため)

ただし、上記でないのに、歯を削ったりする噛み合わせ治療は絶対に行わないでください。

 

マウスピース治療(オススメしません)

→詳細は、「マウスピース治療(オススメしません)」に記載していますが、
  マウスピース(スプリント)治療はオススメできません。

  僕自身、マウスピース(スプリント)治療を長年経験しましたが、
  対症療法にすぎず、完治はしませんでした。

  それどころか、夜間にマウスピース(スプリント)自体を安心して食いしばってしまい、
  まったく、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)、顎関節症が改善しませんでした。

  また、長年マウスピース(スプリント)を使い続けたせいで、
  噛み合わせが狂ってしまい、オープンバイト(前歯が噛み合わない不正咬合)に陥ってしまったほどです。

  ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)を解説しているサイトでは、
  治療としてマウスピース(スプリント)を掲載していますが、僕はオススメしません。

  顎関節症治療で世界最高峰の東京医科歯科大学もマウスピース(スプリント)治療は勧めていませんし、
  とっくにしていません。古い治療法なのです。

薬物治療

→ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)はストレスが関係しているとも言われています。
   ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)は「結果」であって、「原因」ではない可能性があります。
   原因はストレス、うつ状態、うつ病といったことが考えられます。

その場合は心療内科・精神科を受診し、適切な治療を受ければ症状が緩和されていきます。

<うつ、不定愁訴、自律神経失調症の治療>

薬物療法~抗うつ薬、抗不安薬~

休養~休養は治療の1つです~

心理療法~自律訓練法~

運動療法~うつの人に運動を強くオススメする4つの理由~

「問題解決療法」~認知行動療法の1つ!本当に感動した問題解決の方法!~

 

ぼくは実際にブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)は「結果」であって、「原因」ではありませんでした。

詳細は「【闘病記】うつ病と顎関節症 」で述べていますが、原因は「うつ病」だったのです。

それなのに「結果」の顎関節症、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)の治療ばかりしてしまい、
治らずじまいでした。歯科医も困り果てていました。

心当たりのある方はお近くの心療内科、精神科の受診をオススメいたします。
(抵抗があるかもしれませんが、ほんとごく普通の内科の雰囲気と変わりませんよ)

 

終わりに

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s

ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)がどうしてもひどい場合には、
TCH是正訓練治療をオススメいたします。

僕は、その木野孔司先生に治療を受けましたが、
TCH是正訓練を受けることのできる医院」でもTCH是正訓練治療を受けることができます。

それでも治らない場合は、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)は「結果」であって、
「原因」はストレス、うつ状態、うつ病にある可能性もあります。

「自分は絶対に違う」と思わず、一度心療内科、精神科の受診も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

僕自身、精神症状よりも身体症状のほうが酷く、自分がうつ病なんて思ってもなかったのです。

しかし、本当に苦しくなって心療内科を受診し、お薬を飲んでいくうちに良くなっていきました。

皆様方の快方を心より願っております。

サイトアイコン青年A

!この記事を読んだ方は、この記事も読んでいます!

木野顎関節研究所との出会い~救ってくれた歯科医院~

顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本

【ブラキシズムの改善1】顎の痛み・緊張は、歯ぎしり・食いしばりが原因かもしれない


にほんブログ村
にほんブログ村
うつ病 ブログランキングへ
歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

 - 【僕の考え】治療に励むにあたって, 顎関節症の治療法