うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

【うつ病の問診】うつ症状が強くなった時は、ご自分の生活の負荷を見直すチャンス

   

うつ症状が、教えてくれる

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

本日はうつの問診ストーリーです。

先生に教わった「うつ症状と付き合い方・捉え方」をご紹介したいと思います。

よろしくお願い致します。

うつ病の問診

青年A

体が重たいっていう症状と顔周りの筋肉の緊張はまだ残っているって感じですね。

夜は10時半くらいに寝る生活を続けています。

職場でも人間関係で悩んだりはしてないです。

仕事は朝9時から夜6時くらいまでで、それなりの負荷で仕事させてもらってます。
うつの復職はアルバイトから始めてみては?おすすめ求人サイトとバイトをすすめる7つの理由

先生

いい調子ですね。

青年A

そうですね。

ただ、規則正しい生活をしているんですけど、体が重たいっていう症状が1番苦しいかなってところです。

きちんとお薬も飲んでいるのに、症状がさらに良くなったという実感はないので。

そこがちょっと辛いですね。

先生

そうですね。

むしろ、体の症状があるにも関わらず日常生活、社会生活に支障をきたしていないわけですから。

以前と比べたら随分と成長したと思うんです。

症状との付き合い方も含めてね。
【うつ病の問診】うつの症状を消したい消したいと思ってはいけない

青年A

そうですね。

先生

今後カラダの症状が悪化した場合はこう考えてほしいんですね。

症状が体の限界を教えてくれている」、と。

ご自分が限界を超えてしまってることを教えてくれているという事ですね。

症状をむしろポジティブに捉えるんです。

もし症状が強くなった場合は、ご自分の生活や負荷を振り返るチャンスという事です。

いきすぎていないかどうかを、です。

例えば人間関係で無理してないかとか、仕事で無理してないかとか、です。
うつ、人間関係でお悩みの方へ~気にすることなく善を行いなさい~

青年A

なるほど。

先生

カラダの症状がなかったら、なんぼでも無理出来てしまいますから。

なんにも症状出なかったら、24時間すべて活動したいですよね。

24時間働いて結果出したいですよね。

でもそれは出来ないようになってるんです。

眠たくなったり、集中力がなくなったりとかね。

だから寝るわけです。

もし眠たいとか集中力がなくなってるといった感覚がなかったとしたら、ものすごい無理して4,5年それが続いた後に心筋梗塞で倒れたりするパターンに陥ったりすることがあるんです。

青年A

そうなんですね。

過労死とかもそうですよね。

先生

そうですね。

「だから症状が教えてくれてるんや」と思ってね。

青年A

心筋梗塞とか過労死してしまう人達はハイになりすぎて知らん間に亡くなっているということですか?

先生

そうですね。

ただ途中で症状という赤信号がいっぱい出てたと思うんです。

しかしそれに気づかないか押し殺してたんでしょうね。
【うつ病の問診】実はうつ症状が再発の防波堤になっている│その理由と症状との付き合い方

電通の自殺問題もありましたけど、ほとんど睡眠を取ってなかったいう話でしたよね。

そんな状態で仕事していて、それでも自分が悪いと思い続けてたというからよっぽどですよね。

明らかに業務量の過多というかやりすぎなんです。

青年A

やっぱり真面目な方で断れなかったりしたんでしょうね。

東大出て電通に入社されてなんで。

先生

身体の症状が出て来たらそれをたよりにして、いきすぎないようにしましょう。

青年A

分かりました。

ありがとうございました。

おわりに

うつ症状は不快です。

不愉快です。

この苦しさはうつ経験者にしか分かりません。

24時間つきまとってくるこの症状を一刻も早く消し去りたいと思うのは当然の事でしょう。

しかし、ジタバタしても何も変わらないことも経験済みだと思います。

症状の事を考えてもネガティブになるだけで得られるものはないのかもしれません。

そうではなく、この状態でも出来ることはないのか?と考えるほうがよっぽど建設的だと思います。

僕はそのように考えて生活をするようになったのです。

といっても負の感情から完全に解放されたわけではありません。

しかし、うつ症状はいつの間にか消えています。

その時を信じて今できることに取り組んでいけたらと思います。

 

本日もありがとうございました。

サイトアイコン

青年A

 - うつ、顎関節症の問診ストーリー