うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

【うつ病の問診】うつ症状を1日単位でみるのではなく、1,2か月単位で見ると良くなっているもの

   

うつ症状は月単位で改善される

こんにちは、青年A(@seinen1234)です。

本日は、うつ当時の問診のやり取りを記載した問診ストーリーです。
(「【問診】うつ、顎関節症の問診記録」)

皆さんはどんなうつ症状に苦しんでいるでしょうか?

・すべてが自分の責任に感じる

・周りからバカにされているように感じる

・何も楽しいと感じない

・生きるのがつらい

・体がダルい

・自分の人生は終わりなんじゃないかと思う

…など、人によって症状がバラバラなのがうつ病の特徴です。

そしてこれらの症状を一刻も早く消し去りたいと思うのは自然な考えです。

しかし、いきなり明日症状が消えているというものではありません。

1日1日単位で症状の経過を見るのではなく、月単位で症状の経過を見ることが大切だというお話です。

よろしくお願い致します。

うつ病の問診

青年A

変わらずというか、まあ良くも悪くもなっていないって感じですね。

前お伝えしたプログラミングのスクールに通い始めてちょうど1か月ぐらいなんですけど、そこの仲間ともうまく付き合いさせてもらって、勉強もついていけてるので、まあわりと充実してるかなって感じです。

夜は10時半くらいに寝て朝7時に起きて、8時の電車で学校に行くっていう生活を月~金まで続けています。

先生

そうですね。

体の症状は?

青年A

顔の筋肉の緊張と股の違和感、体が重たいていうその3つがずっと続いてて、それらが一番気になるところですね。

まあ最初の頃から精神症状よりも身体症状のほうがきついほうだったので、それはいまも変わらないですね。

急に落ち込んだりとか急に上がったりとかはないです。

僕の感覚ですけど、ちょっとずつ良くはなってるような感覚です。

先生

そうですね。

良い傾向ですよね。

実際主観症状も改善傾向にあるし、出来ることも増えてきているので。

青年A

はい。

頭の回転も戻りつつあるので、東京から戻ってきた時と比べたら確実に良くはなっていってます。

1日1日でみたら症状が良くなってないやんて思うんですけど、1か月2か月単位で振り返ってみたら、ちょっと良くなっていたな~って感覚です。

先生

そうですね。

焦らずいきましょうね。

もうちょっと時間がたって、振り返ってみたらそういえばあの症状がなくなってたな~ていう感じになると思います。

青年A

そうですね。

前おっしゃっていただいた、症状はいつの間にかなくなってるわ~ていうやつですね。
【うつ病の問診】うつ症状は行きつ戻りつだけど、幸いにして幻です│気づくと症状は消えてます

先生

そうなんですよ。

だからなかなか瞬間瞬間でみたら回復を実感できないかもしれないですけど、振り返ったらちょっとずつ良くなってるものなんです。

青年A

そうですね。

僕もそういう実感です。

先生

焦らんといきましょう。

青年A

はい。

症状にこだわりすぎず、ですね。

先生

そうです。

青年A

分かりました。

ありがとうございました。

おわりに

物事は何でもそうですが、鳥の目と虫の目の両方が大切です。

つまり長い目でみることと目の前のことの両方をバランスよく考えることが大切なのです。

病気になると、つい目の前の「症状」にとらわれがちになりますが、症状に目を向けたところで改善されるわけではないのです。
身体醜形障害と治療法~僕は鏡にうつる自分に絶望していました~

むしろ症状を意識してしまうことで余計に(症状が)強まってしまうこともあります。

そういった負のスパイラルに巻き込まれないように、「今」できることに集中することが大切ですね。

本日もありがとうございました。

サイトアイコン

青年A

 - うつ、顎関節症の問診ストーリー