うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

親切丁寧な福島区の歯医者さん

      2015/10/16

良い歯医者が見つからず、ドクターショッピングをしていた僕は、疲れ果てていました。

顔周りの筋肉の緊張はきつくなるし、目が開きにくい、頭がぼーっとする、

光がまぶしい、体が鉛のように重い、股の違和感‥等

不定愁訴のオンパレードでした(笑)

しかし、当時はうつ病なんて疑うこともなく(というかうつ病という名前すら知らなかったような)、

歯の噛み合わせ、顎関節症のせいだと決めつけていました。

インターネット上には、

「歯の噛み合わせが悪いと全身に悪影響を及ぼす」や「顎関節症が自律神経の乱れを招く」といった記事がいっぱいです。

それらの文章を信じていた僕は、顎関節症を治せば、様々な不定愁訴から解放されると確信していました。

そして、歯のかみ合わせ、顎関節症は、マウスピースで治していくものだと考え、

マウスピース治療で有名な医院を探していたのです。

しかし、当時18歳頃(浪人生)だった僕にはお金がなく(今もありませんがw)、

保険診療をしてくれる医院に限って探していました。

そして、ようやく大阪福島区の歯医者さんに辿り着くことが出来たのです。

青年A

前へ(醜形恐怖にも悩まされる日々)

次へ(今までのマウスピースとは違う!マウスピース治療の開始)

 - 【闘病記】うつ病と顎関節症, 闘病体験記