うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

目まぐるしい毎日!生きるのに必死!

      2015/10/16

イップスを克服した後は必死で野球に取り組みました。

あいつは野球の下手なやつだという周りからの評価から脱出すべく、毎日一生懸命練習しました。

元々、小中でクラブチームに所属し練習していたおかげで、

すぐに評価を取り戻し、2年生になる頃は練習試合にも出場できるようになっていました。

野球の練習は厳しく、中学までとは比べられない練習量でしたが、なんとかついていき、順調な野球生活を送っていきました。

勉強もしなければならない学校だったので、難しい化学や数学の授業に驚きながらも真面目に取り組んでいきました。

しかし、僕は異変を感じていました。

中学までと比べ、どうも眠たさが異常である。

授業中眠ってしまう。朝起きられない(ぎりぎりまで寝ていて母に起こしてもらう)、

風呂から上がると決まって貧血になる。

野球部のみんなもこんな感じなのかなとか思いながら、特に考えることもなく、高校生活を送っていきました。

青年A

前へ(始まりはイップスから‥)

次へ(悩まされるケガの数々~なんでこんなに試練ばかりなんだ~)

 

 - 【闘病記】うつ病と顎関節症, 闘病体験記 , ,