うつ、顎関節症を治そう

~患者(私)の体験記と克服法について~

*

正しい顎位をかみ合わせで判断することは出来ない

   

顎関節症

咬み合わせにこだわりすぎるのはもうやめよう(木野孔司先生からのメールの返信)

木野孔司先生については、「木野顎関節研究所~顎関節症、噛み合わせの治療はここで決まり!~
で詳しく紹介していますが、東京医科歯科大学顎関節治療部の先生(現在は定年退官)で、
顎関節症における世界的権威の先生です。

TCH(歯列接触癖)という顎関節症の原因を突き止めた先生で、僕は直接治療を受けましたが、
お人柄が親切で明るく、非常に好感のある先生でした。

今回は、僕がお世話になっていた時に、先生に質問した内容と先生からの返信をご紹介します。

顎関節症、かみ合わせ不安、うつ病でお悩みの方の参考となれば幸いです。

 

僕:

木野先生

いつも大変お世話になっております。
患者の○○です。

相変わらず顔の筋疲労と自律神経失調症のような症状に苦しんでおります。
以下3つの質問がございまして、ご連絡させていただきました。

ご多忙の中大変恐縮ですが、
お時間ございますときにご回答いただければ幸いです。

‥顔面の筋疲労について
→小学生から大学1年まで野球をしていた経験から、足、肩など筋疲労が起こると、
   湿布を貼ったり、筋肉トレーニング等リハビリをすれば1、2ヶ月で治り、
   日々良くなっている感覚があったのですが、
 顔の筋疲労(筋緊張)を取ることは、長い時間がかかるのでしょうか?
 1日1日良くなっているという実感がなくて不安になります。

‥咬合の歪みについて
→特に顎のズレは筋緊張の結果ということですが、結果として顎のズレがあるなら、
   一度元の正しい状態に歪みを正し、その状態で脱力行為を繰り返す方が良いのではと
   素人の僕は考えてしまいます。

上記2つ、ご都合よろしい時に、ご回答いただければ幸いです。

毎度親身になって、ご回答していただきありがとうございます!

僕は高額な咬合治療を受けたことがありませんが、
治ると言われ大金はたいて治療したにも関わらず、良くならず、
医者不信、人間不信になっている顎関節症患者は大勢いると思います。

木野先生のようなドクターが
1人でも日本に増えればと思います。

長文失礼致しました。

引き続き何卒よろしくお願い致します。

 

先生:

‥顔面の筋疲労について

→確定的なことは言えませんが,脳内に「緊張」する回路ができあがっており,
これが回りやすい状況なのでしょう.

抗うつ薬による鎮静化が進むと徐々に気にならなくなるでしょうが,
そのための期間はある程度必要だと思われます.

‥咬合の歪みについて

→貴君にとって本当に正しい位置をかみ合せで判断する事は出来ないのです.

本来なら緊張がない状態で,顎関節と筋によって決まる位置がいい位置ですが,
それが左右対称な位置だとか、上下正中が合っている位置だとかではないはずだからです.

当時はまだ会社を続けており、顔面の筋疲労、体が異常に重い、光がまぶしく感じる、
意味もなくイライラするといった症状に苦しんでいました。

それらの症状が「顎関節症」が原因なのか「うつ病」が原因なのかも分からず、1人悶々としていました。

さらに、かみ合わせを治すと健康になるといったネット上の記事や書籍もあり、
高額な咬合治療を受けるべきか悩んだりしていました。

しかし、先生はかみ合わせは絶対にいじってはいけないと教えてくれました。

顎関節症でお悩みの方は、咬合をいじる前にTCH是正訓練をしてみることをオススメします。

 - (言霊)医師からの贈り物